消費者金融でのキャッシングの審査について

消費者金融のキャッシングでは、銀行などの金融機関のローンと比較した場合、審査は甘めに行われています。基本的には定職に就いて定期的に収入があるという人であれば、他になにか問題がない限り審査に通過することができます。
審査では総量規制の影響もあり、特に収入が重視されることになります。総量規制では利用者の年収の3分の1を超える金額を融資することができないためです。そのため、職業よりも返済が問題なく行える収入があるということが消費者金融のキャッシングの審査を通過するためにとても大切なことになっているのです。消費者金融の業者によっては仕事をして得た収入ではなくても、不動産収入や受給している年金などを安定した収入とみなしてくれる場合もあり、そのような消費者金融では特に仕事をしていないような人であってもキャッシングの審査に通過できることもあります。
また、キャッシングの審査では職業も問われることになってはいますが、正社員ではなく、アルバイトや派遣社員として働いている人であっても返済が問題なく行えるだけの収入を得ているのであれば特に問題はありません。ただし、キャッシングを利用するために派遣会社などに登録だけしているような場合、在籍確認は派遣会社に電話が行くことになるのでクリアすることができますが、登録のみで実際にはどこにも勤務していない場合には返済が問題なく行える収入を得られていないということになるので、審査に通過することは難しくなります。