銀行系キャッシングのメリットとはどんなものがあるのか

キャッシングとは、消費者金融や銀行などから、個人が小口の融資を受けることを意味します。消費者金融系と銀行系では、色々と異なる点があります。どちらにもメリットとデメリットもあります。ちなみに銀行系キャッシングは、消費者金融系や信販会社系と比べて、金利が低めに設定されています。ですから特に大口のキャッシングを行うのであれば、金利はかなり違ってきますので、銀行系がおすすめです。また銀行系の一番のメリットは、総量規制の対象外という点です。消費者金融系は、2007年に施行された改正貸金業法によって、総量規制というルールを守る必要がでてきました。この総量規制というのは、貸付額は利用者の年収の3分の1までというルールです。ですから消費者金融系のキャッシングでは、年収が300万円の人には最大で100万円までしかお金を貸すことができなくなりました。ちなみにこの年収の3分の1というくくりですが、1社からの借り入れ額が年収の3分の1までではなく、複数の業者から借り入れをしていれば、その複数の業者での借り入れ額の合計が年収の3分の1までとなります。ですから年収300万円の人が、A社からすでに50万円借りていたとすれば、新たにB社から借り入れできる金額は50万円までとなります。一方の銀行系キャッシングには、こういった縛りはありません。ですから年収の3分の1以上の借り入れをすることができます。ちなみに銀行系キャッシングは、貸金業法でなく、銀行法で動いているから総量規制の対象外となっているのです。