専業主婦 銀行カードローン

カードローンは大きく分けると銀行カードローンと貸金業者によるカードローンの2つの種類に別けることが出来ます。
カードローンは、審査を受けることで利用限度額が決められます。
また、申込みを行い、審査に通ると専用のカードが送られてくるので、その専用のカードを使い現金を引き出せるのが特徴です。
現金を引き出す時には、カードローンの申込み先の金融会社や銀行のATMやコンビニエンスストアに設置されている提携ATMを利用して現金を引き出せます。
コンビニエンスストアなどの場合は、24時間営業のお店の場合であれば、いつでも必要な時にお金を引き出して利用出来ると言う利点があるのです。
更に、カードローンは定められた利用限度額の範囲の中で繰り返し利用出来ると言う利点も有ります。
お金を借りることが出来たら、返済もATMですることが出来ますが複数の会社を利用している際は、返済日が違ったりしてそのつど返済しにいかなくてはいけません。
そんなときは、カードローン借り換えで返済の負担を減らすのが便利です。

銀行カードローンの場合は貸金業者でのカードローンとは異なり総量規制の対象外になりますので、年収における縛りと言うものが在りません。
そのため、年収の3分の1を超える融資を受ける事も出来るのです。
更に、貸金業者の場合は専業主婦の人は利用する事が出来ません。

これは収入がゼロの人は総量規制により貸し付けが出来ないからなのです。
総量規制の年収の3分の1以内の条件において、収入がゼロという事は借入可能な額もゼロになりますので、自ら収入を持たない専業主婦の人は借入する事が出来ないのです。
その点、銀行カードローンは総量規制に対する規制が有りません。
総量規制は貸金業者に対する規制となりますので、銀行は例外なのです。
専業主婦の人は収入が有りませんので、本人には返済能力と言うものが在りませんが、配偶者の収入が審査の対象となり、専業主婦の人でも利用する事が可能になっているのです。
因みに、専業主婦の人が申込みを行う場合は、配偶者に安定した収入が有る事が条件になりますが、収入証明書などの提出が不要で申込みが可能になります。
但し、配偶者の勤務先や勤続年数と言った情報を提供しますので、利用する場合は承諾を得た上で申込みを行う事が大切です。